MENU
インターネットで「オオサカ堂」を検索する人が「オオサカ堂+◯◯◯」というように一緒に調べる言葉から分かる疑問や不安などを解決していただけるように、たくさん検索されているそれぞれの「+キーワード」ごとに、オオサカ堂愛用者としてできるだけ分かりやすく解説していきますね☆


「そんなことより、とにかくすぐに今注文&購入できるようになった新オオサカ堂公式ホームページを教えてくれればそれだけでいいんだけど!( ̄- ̄;)

…という方は、下記のリンク先からきちんと移動できますので、ご利用ください↓☆m(_ _)m


>>新オオサカ堂公式ホームページ入口案内<<
>>便利なお薬検索窓+売上ランキングなど<<


オオサカ堂+「ホームページ」+「見れない」「つながらない」



「オオサカ堂 ホームページ」
「オオサカ堂 ホーム」


まずは、「オオサカ堂」という言葉(キーワード)とともに検索される最も多いキーワードが「ホームページ」や「ホーム」です☆まぁ、そりゃ当たり前のことで、オオサカ堂に限らず、通販サイトや何かのホームページを検索する時は、「◯◯◯ ホームページ」って検索するのが普通ですよね!(ノ´∀`)ノ


その方法で、通常だったら一発で『オオサカ堂公式ホームページ』が検索結果の一番上に出てきてすぐに見つかるもんです!実際に、ある時まではそういう状態でした…(-_-)


ある時までは…?


詳細な時期を言うとすれば、2015年6月上旬までです!その2015年6月上旬のある日、突然、一気に状況が変わったんです!(´д`;) それは、GoogleやYahoo!で検索する人たちのキーワードを見れば一目瞭然↓


「オオサカ堂 ホームページ 見れない」
「オオサカ堂 ホームページつながらない」


そう…「オオサカ堂 ホームページ」で検索して、いつものように一番上に出てきたオオサカ堂公式サイトをクリックすると、灰色の背景に「Sorry,We are under maintenance.」の一言だけ…


その時は、オオサカ堂購入愛用歴9年目のわたしですら、目をまるくして言葉が出なかったぐらいビックリしました。ほんっとに急のことだったので、他のオオサカ堂を利用している方々も相当驚かれたのではないかと思います…(((;゚д゚;))) そして、案の定急増したキーワードがこちら↓


「オオサカ堂 メンテナンス」
「オオサカ堂 メンテナンス中」


わたしも含め、誰もが、どういう状況なのか知りたい、今後どうなってしまうのか心配・不安な気持ちになるに決まってますよね…わたしも、長い時間をかけて、原因追求し続けました!( ゚д゚ )

オオサカ堂+「閉鎖」「逮捕」



オオサカ堂のホームページが「メンテナンス中」になって「見れない」「つながらない」状態になったこの時期、オオサカ堂の会員さんやオオサカ堂を知っている人たちの間では、いろんな噂や評判が流れまくりました。ヽ(o゚ω゚o)ノ


「オオサカ堂 閉鎖」
「オオサカ堂 閉鎖 2015」

「オオサカ堂 逮捕」


これらの何度も検索されたキーワードたちから想像できるように、『オオサカ堂は…もう…終わった…』的なことが、事実のように考えられてたようです(´д`;) たしかに、「メンテナンス中」だとはいっても、ホームページをクリックすると「Sorry,We are under maintenance.」というメッセージだけの状態が何日も続いてたんだから、そう考えてしまうのも当然ですよね…


正直わたしも、

「オオサカ堂 倒産」

という言葉が頭をよぎりました(-_-)


でも、18年以上続いている信頼性の高い老舗のオオサカ堂なので、さすがに、ホームページ(店舗)を「閉鎖」するとしたら、わたしたち愛用者であるオオサカ堂会員に対して、どんな手段を使っても連絡と事情説明はしてくれるはずですよね(`ヘ´;)ゞ


あと、もう2つ目のキーワードにもあるようなオオサカ堂が「逮捕」されでもしてたら、あれだけ規模が大きくなった会社なので、間違いなくテレビのニュースや新聞などのメディアで大きく報じられるはずなんです!(;゚д゚)


でも、噂は、ただの噂でした☆(*^-^*)☆


毎日検索と調査を続けていたのですが、突然の「メンテナンス」状態から少し経ったある日検索してみると、オオサカ堂ホームページのURLである【osakado.org】が復活してたんです!(*'∀'*) サイトの中身も、大量にあるお薬や商品の説明など、一見以前と変わらない様子でした。


「よかったぁ☆(*'ω'*)☆」


とひと安心したのもつかの間…


そのホームページに何か違和感が…

よく見てみると…

ホームページの右上の部分(赤丸で囲ったところ)↓



拡大してみると↓




こちらはオオサカ堂情報専門ページです。ご注文はできません


は?

どゆこと?

オオサカ堂+「ログインできない」「注文できない」「購入できない」



この状況で一番困ったのが、数多くのオオサカ堂の会員さんたちと、オオサカ堂で購入を考えてた人たちと、「わたし…(~_~)」です!そして今度は次のようなキーワードが多く検索されるようになりました↓


「オオサカ堂 ホーム ログイン」
「オオサカ堂 ログイン」
「オオサカ堂 ログインできない」


「オオサカ堂 注文」
「オオサカ堂 注文できない」


「オオサカ堂 購入」
「オオサカ堂 購入できない」


オオサカ堂の会員さん(わたし自身も含め)としては、ホームページがやっと復活したとしても、次に気になるのが『自分のマイページ(会員ページ)』に「ログイン」できるかどうか…「注文」や「購入」ができるかどうか…ってことですよね!?(((;゚д゚;)))


でも、さっき見ていただいた画像から分かるように、復活したURL【osakado.org】のホームページを確認してみると、こちらはオオサカ堂情報専門ページです。ご注文はできませんとの訳の分からないメッセージが…(´д`;)


そのメッセージの通り、「注文」「購入」に関する内容や「会員ログインボタン」さえも、どこを探しても消え失せてなくなってしまっていました!


わたしの個人的な見解としてですが…薬の個人輸入代行業自体が薬事法上きわどいグレーなビジネスなので(全くの違法ではないと思いますが…)、ものすごく厳しく細か〜〜〜いルールが決められているんです。

オオサカ堂がどこかでそれを違反したのか…あるいは、知名度がここ数年で急上昇して目立ちすぎてしまったオオサカ堂に対して、厚生労働省などの日本の政府機関が見せしめ的に「業務改善命令?」「業務停止命令?」のような措置を行ったんじゃないかと考えてます。

公式ホームページが見れなくなったのも、復活したのに『オオサカ堂情報局』とサイトタイトルを変えて、注文や購入ができない状態になったのも、おそらくこういった背景があったと仮定すると納得がいくんですよね。


一時的に大混乱となった「オオサカ堂問題」でしたが、オオサカ堂さん側の対応はすごく早いものでした(*´▽`*)ノ))


新オオサカ堂公式ホームページに移転



以前の公式ホームページだったURL【osakado.org】から、全ての中身とシステムを新らしいURLに一気に引っ越し!(たぶんですが…)念には念を入れて運営しているようで、2015年7月現時点で新オオサカ堂公式ホームページのURLは【goodjob.click】と【oskd.org】の2種類あります。


2種類と言っても、2つのURLとも全て1つの同じシステムで同時運営されているので、わたしたち購入者からすれば何も問題はありませんね☆(*^-^*)☆


>>新オオサカ堂公式ホームページ入口案内<<
>>便利なお薬検索窓+売上ランキングなど<<


オオサカ堂+「注文履歴」「購入履歴」「注文番号」



「オオサカ堂 注文履歴」
「オオサカ堂 購入履歴」
「オオサカ堂 注文番号」


ホームページのURLが移転すると、オオサカ堂の会員さんにとってさらに気になるのが、ログインはできても…「これまで注文・購入した履歴が残っているのか?」「ちょうどホームページが見れないっていう問題の直前に購入したんだけど、注文番号などはちゃんと継続されているのか?」という心配だと思います。


それについては、みなさんと同じくオオサカ堂の購入者であるわたし自身、新オオサカ堂公式ホームページの会員ページにログインして無事に残っていると確認してきました!(o'∀')b


過去の「注文履歴」「購入履歴」、直前に注文した際の「注文番号」などは、以前のオオサカ堂ホームページのシステムをそっくりそのまま引き継いでいるようで、まったく問題ありませんでしたよ!ヽ(*^ω^*)ノ


ちなみに、オオサカ堂独自のサービスである『ポイント制』『購入者ランク』なども、不具合が起こることもなく、そのまま継続されているのでご安心を

オオサカ堂+「評判」「口コミ」「偽物」「本物」



「オオサカ堂 評判」
「オオサカ堂 口コミ」
「オオサカ堂 偽物」
「オオサカ堂 本物」


これらの昔からよく検索されるキーワードについては、以前別のサイトで記事にしたものをご覧いただければ参考にしていただけると思います☆この下にそのまま載せますのが、ちょっと長い文章での解説になってしまいますので、ここでもう一度、現在運営されている新オオサカ堂公式ホームページ案内へのリンクをのせますね↓


>>新オオサカ堂公式ホームページ入口案内<<
>>便利なお薬検索窓+売上ランキングなど<<



では、「オオサカ堂」の「評判」「口コミ」「偽物」「本物」という検索キーワードに関するわたしなりの調査結果と考えなどを、「そもそも医薬品等の個人輸入とは?」というところから順番にテーマに分けて解説していきたいと思います↓


※興味のない方やお時間のない方は、遠慮なく思いっきり無視していただいて、上のリンク先か一番下にあるリンク先から新オオサカ堂公式ホームページに実際に行っちゃってくださいね☆m(_ _)m☆



医薬品等の個人輸入とは?



原則として治療薬を海外から輸入するには、国の承認を受けることが必要になるのです。ただし、営業のためではなくて自らに使用する目的で輸入する場合には、医薬品個人輸入の所定の許可申請を行えば、定められた量に限って輸入ができます。


このことにより、国内では買うことが難しい、海外製の安価な治療目的の薬品やジェネリック医薬品などを、自身で使用する分だけなら買いつけることが可能なのです。この特例措置が医薬品個人輸入といわれている制度です。


普通に医薬品を購入する時は、病院を受診した後に、先生の診断結果で処方箋を手に入れます。その後に調剤可能な薬局などで処方してもらう事になるのです。通院のための費用・受診費・処方箋の発行費用・医薬品代など、無駄に高いお金を出費することになるのです。


他にも、AGA治療薬やEDの薬、避妊ピル(低用量ピル)といった処方薬などは保険適用外であるので、薬にかかる費用は自己負担となるのです。ですから、すごく高い金額を負担することになります。


けれども、医薬品等の個人輸入をする事で、海外で作られる非常に安価な医療目的の薬や後発の医薬品(ジェネリック)を買うことができることになります。


長期間服用する方、問題や症状などによっては病院に行くというのが照れ臭かったり、何らかの理由で医療施設を訪れにくかったりする方などが利用するには、良い点が多くあるのです。経費が非常に圧縮できます。また、病院へ行く手間や病院で待つ時間が必要ないなど、利点ばかりしかないのです。


医薬品個人輸入は法に触れるのか?



現行の法令には、医薬品に関係する薬事法と呼ばれる国内法が存在します。薬事法では、治療薬を外国から買いつける時は診療施設や薬剤店などであっても、政府の許認可が必要になります。


一方で、個人が自らに利用・服用するつもりで決まった量を他国から取り寄せる場合には、所定の手続きのみで医療用医薬品を海外から入手する行為も認められています。


そのことから、医薬品等の個人輸入をするという行為は法に触れる行為と言えないといった見方があり、正当な行為として考えられることもできるため、オオサカ堂のような個人輸入代行サイトが成り立つのです。


この辺りのことは厚労省のサイトにも逐一書かれているので、不安な方はそちらの方もお読みになることをおすすめします。


下記のQ&Aは、薬事法を所管する厚生労働省のHPから、医薬品等の個人輸入に関連する質問と回答の項目を抜粋して、読みやすくまとめた質問と回答です。


医薬品等の個人輸入は、薬事法という法律で違法とされているものですか?
医療用医薬品などや医療機器、化粧品などは、個人の心身などに直接的な影響を与えてしまうと判断できます。

そのため、薬事法では、薬品の性質や有効性、安全であるかなどを科学的・論理的に調査した結果、安全な製品であると証明された薬品だけが出回るようにしっかりと規制されるようになっています。

ただし、個人での輸入が完璧に規制されているとはいえません。

自らに使用する量に限っていえば、個人で輸入を行うことが許可されているという訳です。

しかし、個人での輸入が許可されるのは個々の使用する分量に限定されているのです。

ですから、個人で輸入した治療薬などを他の方へ売りさばいてしまったり、与えたりするようなことは、薬事法にて徹底的に制約されているので注意してください。


警戒しておくべき事案



医薬品の個人輸入は、希望する医療目的の薬をインターネットを使って発注すれば容易に買える簡便な仕組みです。しかし、ネット上でやり取りされるニュースや体験談などの第三者の声ばかりを鵜呑みにして、一人で結論づけて薬を個人輸入することはとても危険なことといえます。


同様の疾病や同じ問題、同様の病状で困っている人が手に入れて効果があった医療用医薬品だとしても、いうまでもないことですが、自身の身体は体験した方と同じものではないのです


医薬品の効果や副作用には個人差があることで、自分だけで判定して薬を自ら輸入して飲んだ方には、病状が余計にひどくなったり、最悪の場合には亡くなる可能性もあったりするということを把握しておく必要があります。


この観点から、当サイトとしては、甘い思いだけで医薬品個人輸入を行うことは奨励しておりません


何よりも先に医師や調剤師のような専門知識を持つ方の話を受け入れたり、先達て病院を受診して出された治療薬と同じ薬を買いつけたりすることなどをおすすめしております。


また、医薬品等の個人輸入を活用するより先に、平静かつ丁寧に思案することをおすすめしている次第です。


医薬品の個人での輸入を行えば、事実、かなりの安価で処方薬を買うことができるのです。けれども、所詮は完全に本人の責任ということに注意しておくべきなのです。


医薬品等の個人輸入の代行業者とは何なのか?



医薬品を個人輸入するというけれども、個人的に国外の製薬会社に英会話で発注などを行ったり、困難な許可申請や書類の提出を行ったりするなどということは、とてもできないでしょう。


どこにある製薬会社が適当なのか、買い方はどのようにやるのが上手くいくのか、承認手続きで準備する書類は何か、それには何を書かなければならないのかなど、普通の人には理解できないことばかりです。


ですから、近頃は医薬品等の個人輸入の代行業者が存在しています。主な仕事は私たちの代理となって医薬品などを輸入してくれるということです。そして、ほとんどの医薬品個人輸入の代行業者は、インターネット上で店舗(サイト)を作っているということもあって、検索するだけであっという間に見つかるはずです。


医薬品個人輸入代行業者は、海外にある製薬会社に連絡して医薬品を手に入れて、注文者の名義を用いた個人輸入という形式で日本まで持ち込んでくれるということになるのです。その後、注文者の住宅まで配達してくれるということになるのです。端的にいうと、医薬品等を個人輸入する際の仲介を行ってくれる会社です。


ただし、注意しておかなければならないことに、医薬品個人輸入代行業を事業としている業者は多く確認されており、ある調査を持ち出せば、8割以上がニセモノを売っていたという話もあるという点です。このことは多彩なメディアでも大々的に取り扱われたこともあり、目にされた方もいらっしゃると思います。


大きなニュースとして取り上げられたため、関係各機関も悪徳・違法業者の摘発を一気に行ったことで、少しも見かけないようになっています。


しかし、やっぱりどこの業界も似たり寄ったりで、違法行為や悪徳行為をしようとする連中がチャンスを見て運営を再び始めたり、明るみに出ないように密かに営業を継続していたりするのが現状です。また、新規の違法行為や悪徳行為をする業者もぞろぞろと出てきているというレポートも耳にしました。


医薬品等の個人輸入代行業者を使う際は、明らかに信頼することができる通販サイトを利用するようにしましょう。


オオサカ堂って?



この「オオサカ堂」というのは、創業が1997年である歴史あるサイトで、近年、利用者の口コミの反響などでとても高い評価になっている医薬品等の個人輸入代行サービスのサイト名のことです。


通販サイトの名前や通信販売ショップ名などと端的に表現するのが難しいのです。なぜならば、色々と訳があるのです。


日本の薬事法などによると、営業として治療薬の海外からの取り寄せや販売をする場合は、政府に許可・認可を受けることが必要であって、普通は国外からの取り寄せや商いは許されていません


要するに、こちらのオオサカ堂は医薬品等の個人輸入の代行業を担っているサイトであって、医薬品などを個人輸入で入手したい方の代行で入手を行うという形の操業をしているのです。


オオサカ堂の公式ページに書かれた「特定商取引法に基づく表記」の説明を用いれば、この「オオサカ堂」というサイトは、ただの店舗(サイト)の名前なのだということになります。そして、オオサカ堂と呼ばれる店舗(サイト)を経営しているのは、中国の香港に拠点が登録されているロイユニオン社と呼ばれる貿易会社です。


つまりは、平たく言い表すと、医薬品等の個人輸入代行業者に相当すると考えられます。


既に中国へ返還されていますが、香港という場所は中華人民共和国香港特別行政区なので、中国の中でも他とは違う発達を遂げた貿易都市です。


昔はイギリスの植民地であったこともあってか、世界から見ても有数の貿易都市に数えられるほどの振興をでき、比べ物にならないほどに優良な貿易の専門家たちが集中しているのです。このロイユニオンという企業は、その専門家たちの中でもかなり巨大な会社といえます


医薬品個人輸入の代行業者といっているサイトは、インターネット上にはいくつも公開されておりますが、ほとんどが所在地を明かしていないままだったり、架空の場所を載せていたりするから、実態が掴めないようなサイトが多々あります。


ですが、ロイユニオン社が表記する所在地を調べると、こちらの企業の建物が実在することが確認が取れということで、十分に信用できると思います。


オオサカ堂の運営会社ロイユニオンという会社



オオサカ堂と呼ばれるサイトは、前述してあるように医薬品等の個人輸入代行業者であって、香港に本社がある貿易を業務とする会社のロイユニオンという企業が管理しているのです。


けれども、ロイユニオン社がオオサカ堂という名称の店舗(サイト)のみ経営をしているというのではないのです。数多くのサービス業に携わっていて、どれにも特徴があるのですが、一様に管理する会社はロイユニオン社です。


例を挙げると、ペットが使う医薬品等の個人輸入の代行サービスをしているサイトに始まって、オオサカ堂のように医薬品等の個人輸入代行サービスを展開している店舗(サイト)まで、多くのサービスのサイトを経営いているということです。


いくつもある店舗(サイト)の中でも、極めて話題を集めていて評判の良いのがオオサカ堂となっています。


それに、オオサカ堂(ロイユニオン社)は、グローバルな大規模ホールセラー(薬品の製造元とロイユニオン社との真ん中に位置している業者。世にいう卸売業を指す。)と取引する契約を締結しており、こちらの業者は医薬品取扱業(薬商)のライセンスも保有しています。


それだけに、ニセモノが出回るという状況はないと考えられており、全部の薬などが本物(正規品・純正品)のみであると断言できそうです。そして、非常に信頼できると考えられます。


他にも、定期的にオオサカ堂(ロイユニオン社)も、自主的に薬品製造会社へ審査に向かって現場の状態を確認したり、外部機関に頼んで検査を行ってもらったりします


なお、全ての結果は成分鑑定書としてホームページの中に記載しているので、品質などの管理は万全にしていることまでも窺えます。


ですから、安心感もあるのではないでしょうか。


オオサカ堂の口コミ評判とは?



オオサカ堂という言葉でネットを使って検索を行ってみると、「オオサカ堂 詐欺」みたいなものとか「オオサカ堂 偽物」などという単語が、並んで出る場合があります。この話は、オオサカ堂の検索時だけに限定されている事柄ではないことです。


何であっても知名度が高くなっていったり、利用する人が増えていったりすることで、良好な評判と同じ分だけ悪い評判も流されるのです


例を挙げると、今では有り触れた「インターネット通販」でも、一昔前には近いことがありました。雑誌やテレビCMなどの各メディアに電話番号が紹介されており、現に電話を使って会話しながら欲しい商品の注文が可能な方法は、安全だと思っている方が大多数だったのです。


言い換えれば、今のようにネット環境が世間に広まる前は、インターネットを使った販売方法は相手方が確認できなかったり、声すらも確かめられなかったりするから、不信感を抱いてしまう方が大多数だったということになります。


ですが、現在ではスマホなどの携帯端末が普及するなど、ネットを取り巻く環境面も整備されて、ネットの通信販売に不信感を持つ方はほぼいないようです。


例を出すと、インターネット販売でも有数の「Amazon」とか「楽天市場」などで商品を手に入れる人が、楽天はペテンがある、Amazonでは贋作を売っているなどと吹聴することはありません。それに、そんな評判などは聞くことはありません。(ただし、個別のお店や品物には、個別に評判があると考えられますが……。)


オオサカ堂も、インターネット利用者が増加したことに伴って、医薬品等の個人輸入代行サービスとして急激に名が売れることになっていっています。それに、世間的には「医薬品個人輸入代行サービス」という言葉すらも分からないという方が多くいるから、もっと疑念を募らせる方が多数いるのです。


このようなことによって、現状では様々な評判が流されているという訳です。でも、このようなことは自然なことだといえます。そうであるならば、本当のオオサカ堂の評判はどうでしょうか?


現在ではiPhoneやYahoo!(ヤフー)とかでも利用する最大手といわれる検索エンジンとして有名になっているGoogle(グーグル)の人気度数を調べることができるサービスを使って検証してみたのです。検索する言葉は「オオサカ堂」ということにして、人気度や注目度を調査しました。調査結果は次に記載した通りとなりました。


オオサカ堂の人気度・注目度について





人気度を見ても、評判について分かることは容易にはできません。けれども、判断材料にはできると思います。


それでは、なぜオオサカ堂の人気度がここまで上昇し続けているのか、その理由をこの後の項目で検証します。


オオサカ堂の信頼性



1997年に創業してから長く利用者が途切れない格式あるサイト



一昔前は医薬品個人輸入の代行サービスを請け負うサイトは、いくつも展開されていたのは確かです。でも、大体が法律違反をやっていたり、疑わしい物を売っていたり、商品代だけを払わせておいて注文の品を郵送しなかったりするサイトなどで、いわば偽サイトでした。


その実情がニュースなどの多くのメディアでも大々的に取り扱われたということもあって、検挙されてしまったり、詐欺サイトが自ら閉鎖したりして、怪しいサイトは次々と減少するというようなことになっていきました。


現在でも業務を持続できている医薬品個人輸入代行サービスのサイトは、オオサカ堂以外にはいくつかしか残っていないことになってしまったのでした。


その筆頭格のオオサカ堂というサイトは創業が1997年ですが、これまで継続してきた歴史と伝統もあるサイトとなっています。


また、仕事を続けられるということは、違法なことや騙すことをしないことに加えて、マジメに経営に精を出していたという証左でもあるのです。他にも、リピーターの数が非常に多いことも信用度が増している証といえます。


すべての薬が本物(正規品・純正品)のみ!



先述したのですが、オオサカ堂というサイトは「断じて偽の商品を取引しない。」という企業方針に従って操業しているということです。



(オオサカ堂の公式ページから引用しました。)


その証拠に、グローバルな大手ホールセラー(薬品の製造会社とオオサカ堂との中間点に位置している会社を示す言葉。)と契約を締結しており、さらには、自分たちで常々製造会社へ検査に向かって品質を確認しているということです。

その上、大変人気のある治療薬などにあっては、外部の分析機関に委託して医薬品などの成分の鑑定書を提出してもらいます。できた成分鑑定書はホームページの中で公表されていて、すぐに確認できます。


具体例)オオサカ堂で1番人気のプロペシアの成分鑑定書




特定商取引法に基づく表記の部分が正確



医薬品の個人輸入の代行サービスのみならず、ネットの通信販売などで物を購入したり、対価を払うことで何らかの契約を結んだりする時には、この「特定商取引法に基づく表記」と書かれている部分の説明書きは大変重要です。


この記載が全くない時、もしくは、この記述が正しくない時などは、疑わしいと判定する方が妥当だと思われます。


多くある医薬品等の個人輸入代行サービスのサイトの中にも、話題にした「特定商取引法に基づく表記」が全く記載されていない物だったり、正直な記述ではなくて上手く偽ってあったりするウェブサイトが、極めて大量に運営されているということです。


例えば所在地が載せられているからといっても、グーグルマップなどを使用して検索してみたら、建物がない(現実にはない所)場合もあるので、十分に気をつけておくようにしてください。


この方法で、オオサカ堂(ロイユニオン)の住所の検索を行ってみた結果、オオサカ堂(ロイユニオン)が入る建物が実際にあることが確認できました。しかも、主要取引銀行のHSBC銀行は著名な上に規模が大きいので信用できると思われます。


安全性の高いSSLに完全対応なので安全対策が強力






セキュリティ対策のSSLとは「Secure Sockets Layer」のことで、インターネットで利用するウェブサイトなどで入力している個人的な情報やクレジットカード関連情報などを暗号化することにより、確実に送信や受信を行う技術名のことを指す言葉です。

オオサカ堂ホームページは、この安心できるSSLに全面的に対応しており、氏名や現在の住所、連絡先の電話、依頼する医薬品の名称などのすべてのプライバシー関連情報やクレジットカード関連情報とか、インプットする情報を暴露されたり、盗み見られたりすることなく、入念に守ってくれるのです。


日本郵便が用意する荷物番号検索に対応で安心






注文した医薬品が送られてくるまでの期間は、どこにあるのか、いかなる具合にあるのか、およそどれくらいで手に入るのかなどのことが、極めて気になると思います。


こちらのオオサカ堂は、日本郵便が用意する貨物番号検索に対応しているため、貨物が日本に着いた先の配達状況が即時判別できるようになっています。





上に示した画面を見ることができるようになっています。画面の赤丸と矢印で示した部分が、届いた日となっています。この商品は12月27日に注文した物であり、支払終了から7日目に届いたことが見受けられるはずです。


オオサカ堂の公式HPを見ると、トップページ左下に、その日時に購入注文した時に考えられる到着するはずの日時の目安が表記されているので分かりやすいでしょう。


日々更新してあって、基本的には10日程度で送られてくることが目安となっています。ですが、現在まで注文を行った限り、毎回、目安の日よりも早い日時に到着しております。スピーディーな対応からも信用できます。


利用者のお問い合わせには早急な返信で対応



オオサカ堂というのは、どのように言われたとしても個人の輸入代行サービス業を行っているだけであるため、治療薬を売買しているのではないといえます。ですから、それぞれの医薬品に関連した質問やアドバイスを求めることには答えてもらえません。


けれども、その他のことについてのメールなどは、利用する人のことを思って、当日中に回答の返信メールを送ってきてくれるのです。


もし、頼んだ物を自宅に送ってもらうのではなく、最寄りの郵便局留めに変更するといった希望であっても、素早く返信を返していただけることからも、極めて安心できます。


オオサカ堂の予定納期と依頼品の到着まで(1)



オオサカ堂に関してGoogleやYahoo!で検索したら、たまに「オオサカ堂届かない」「オオサカ堂トラブル」「オオサカ堂詐欺」などという検索語句が表示される場合があります。


ですから、不安な人もいるでしょうから、今回は私がメガリスという商品を、次の項目ではフランス製シルデナフィルという名称の薬をオオサカ堂の店舗(サイト)からオーダーした日の体験をお話ししましょう。


どちらの場合も10日後という決められた納期より早い日に到着するという経験だったのでした。


オオサカ堂で医薬品を注文してから送られてくるまでの納期(1)






オオサカ堂ホームページで注文から決済までが終わった後の画面で、右下の部分に日付(9月21日)が確認できます。この時に発注したのは、午後10時ごろになっていたと思うのですが、その日の内にクレジット決済完了というメッセージがあるメールが届きました。





その後、オオサカ堂に勤めるスタッフさんが海外でメガリスという医薬品を私に代わって買ってくれて、輸入手続きを代行してくれて、日本に到着するまでに必要だった時間は3日くらいだったみたいです。





メガリスという薬が自分の家に送られてきたのが9月30日です。


現地から届けられて、税関通過後に日本郵便が行う郵便物の配達状況に現在地が反映されたのが9月24日なのです。それから後の郵送状況は下の画像をご確認いただけば、お分かりいただけるはずです。


依頼品が実際に自宅住所に届けられたのは9日後に当たる9月30日となっています。(惜しくも席を外していたこともあり、実際に入手したその後のことになるのですが……。)


郵送されてきた小ぶりな段ボール箱にある記載は全部が英語表記になっていました。そして、商品名のところは「ヘルスサプリメント」とだけ書き入れられていたのでした。配達人や受け取る家族などに中の商品を知られることがないように配慮がなされていたのです。


他にも、家に届けられるのが迷惑であるという人は、郵便局で受け取りを行うサービスが可能になっているので、オオサカ堂のHPからメールでサービス内容を教えてもらうのが良いでしょう。当日の間に返信メールがあることでしょう。


ここで注文した医薬品は外国で手に入れることになっており、そういう薬の個人輸入の代行サービスは、注文・決済が全部終了した後でなければ海外メーカーからの買いつけや発送する手続きなどの支度ができないから、届けられるまでこのくらいの日数が必要になるのです。


一方で、取得しやすい育毛剤とかサプリメントなどの商品の中には、最も早くて3日で依頼品が送付されてくることもあるらしいです。


そういうことで、この記事ではメガリスを購入依頼してから到着までのあらましを体験談というスタイルで話をさせてもらったのでした。


個人名が偽りだったり、入力した住所が正しくなかったり、税関の通過時にトラブルが起こったりするなど、何かしら思いもよらないことが起こってしまうと、ひょっとすると郵送されないということも否定はできないものです。


とはいえ、オオサカ堂のスタッフさんに問い合わせたら、これまでのところはそういう事態はほぼないということなのです。


だから、安心できると思います。


オオサカ堂で医薬品を注文してから送られてくるまでの納期(2)



フランス製シルデナフィルという商品を、いつも通り堂々と28錠(7箱分)も買い求めてみることにしたのです。年の瀬で大変な時期の依頼だったため、少しだけ着くのが遅延することもあるかも……と覚悟を決めていたのでした。


ですが、非常に小気味よく考えを裏切っていただきました。


注文・決済が全て完了した後、程なく「オオサカ堂正式受注書」が届いたのです。画像の右下の所を赤い丸印で囲っているので分かると思いますが、オーダーしたのは12月27日でした。



↓それから、以下の一覧をご確認してもらいますとお分かりになると思いますが、日本郵便が提供する郵便追跡システムの記録を見ると、自宅住所に着いたのが1月3日だったのです。





↓発注を完了した日が12月27日です。





その後12/28、12/29、12/30、12/31、1/1(元日)、1/2、1/3(到着)となっています。つまり、注文して決済まで滞りなく終了した日から数えても、8日で配達されたことになります。


オオサカ堂のホームページでは、届けられる予定日を基本的に10日後の予定と記されていると思います。ですが、前と同じであって、予定された納期よりも早く届きました。


その上、年の瀬も押し迫ったかなり慌ただしい時期だったけれど、たった8日で送り届けてくれるなんて、何度注文しても信用を裏切ることがありません。


オオサカ堂+「2ch」「2ちゃん」「2ちゃんねる」

「オオサカ堂 2ch」
「オオサカ堂 2ちゃん」
「オオサカ堂 2ch 2015」
「オオサカ堂 2ちゃんねる」

オオサカ堂+「購入レビュー」

「オオサカ堂 購入レビュー」

オオサカ堂+「アフィリエイト」

「オオサカ堂 アフィリエイト」

オオサカ堂+「vip会員」「vip専用」「vipサイト」

「オオサカ堂 vip」
「オオサカ堂 vip会員」
「オオサカ堂 vip専用」
「オオサカ堂 vip専用サイト」
「オオサカ堂 vipサイト」

急ぎすぎてまだ途中までしか書けずすみません(>_<)



取り急ぎ、今回のオオサカ堂ホームページに関する問題について書かせていただきましたが、もし分かりにくい点などがございましたらごめんなさい!m(_ _)m

今後も「オオサカ堂」とよく一緒に検索される興味深いキーワードについて、わたしが聞いたり調べたり考えたりした最新情報を更新していこうと思ってますので、よろしければまたのぞいていただけると嬉しいです☆ヽ(*^ω^*)ノ☆


>>新オオサカ堂公式ホームページ入口案内<<
>>便利なお薬検索窓+売上ランキングなど<<